難病とは

アクセスカウンタ

zoom RSS 難病とは

  作成日時 : 2010/06/13 20:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

はじめまして、大阪に住む二人の娘を持つ父親です(45歳)

はじめに

4年前に下の娘(当時5歳)が筋ジストロフィーという難病と診断され
現在、血液検査の結果もほぼ正常値まで回復した事をキッカケに
ブログを書くことにしました。

当時、お医者様からは年々力が弱まり、呼吸をする事も出来なくなる時期が来ると
宣告されました。

西洋医学では薬も治療法もなく、医者として出来る事はないという言葉を
キッカケに自分が娘の専属医師になる事を決意し、今日まで様々な事に
取り組んできました。

当然、私は医学の知識も無く、筋ジスという病気すらどんな病気なのか
分からなかったのですが、知れば知るほど絶望的な気持ちになり
でも、どうしても娘を救いたい一心で今日まできました。

今、娘は出来なくなってしまった事が、日々出来るようになってきております。
立てなくなった→立てるようになった
バンザイが出来なくなった→出来るようになった
歩くとこけた→少し走れるようになった
小さな声→大きな声
徐々に出来なくなっていった道のりを、逆にバックしているかのような毎日です。

難病と戦っている人は、たくさんいると感じ
難病の子供を持つ親もたくさんいると感じ
私が思う難病に対しての対処法が全ての人に当てはまるかどうかは分かりませんが
娘の為に必死で得た知識を元に行ってきた、自分が思う難病に対する治療法
少しでもお役に立てればと思っています。

どんな事を行い、どのような道のりで今日まで来たかを少しずつ書いていこうと思います。

私の夢は、娘が運動会の徒競走に参加する姿を見る事です。
娘が立てなくなってから、それがずっと夢でした。
叶うところまできました。

夢を諦めずに自分が正しいと思う事をやり続ければ、きっと夢は叶います。

筋ジスだけではなく、様々な病気や疾患を正常な身体に戻す為の
参考になればと思います。

難病と聞くと治らないたいへんな病のイメージがありますが
難病とは、西洋医学にとって、現時点で病状を抑える事が難しい病気ということで
治らない病気という意味ではありません。

そもそも、難病と言われている病気の多くは、徐々に少しずつ進行しているケースが多く
西洋医学的な対処法では、治す事は難しいのです。
西洋医学的な対処法は病状を抑えることを主としますので
徐々に進行し、複数の疾患からなる難病は東洋医学的な方法が改善に繋がるということです。

私の出合った西洋医学の先生は、「治せない」と言いました。
その後に私の出合った東洋医学の先生は「治療しましょう」と言いました。

当時、両方の言葉に驚いたのを覚えています。
「治療しましょう」の言葉を信じて良かったと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年12月より「難病克服支援センター」として活動することとなりました。
活動内容については下記のホームページ、Facebookページに掲載していきますので、よろしくお願いします。

ホームページ
http://guide.simdif.com/

Facebookページ
https://www.facebook.com/nks.center
(アクセスいただき「いいね」をお願いいたします)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいです。
お父様として,専属ドクターとして
よくここまで頑張られましたね。
お嬢様の更なるご回復を心よりお祈りしております。
応援しております。
子どもの可能性は無限なのですね。
人魚姫
2010/06/14 09:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

にほんブログ村
闘病記 ブログランキングへ
難病とは 難病とは/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる