難病とは

アクセスカウンタ

zoom RSS 医学の常識を超えた回復力

<<   作成日時 : 2017/08/10 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年12月に相談があった顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの女性から本当に嬉しい報告がありました。

3年前に車椅子だった彼女の回復ぶりに主治医が驚いて電話をしてきたとのことです。

診断書作成のために、受けた身体能力チェック

その結果が主治医に渡り「補助具付けてます?」って言われたそうです。

わざわざ主治医が電話してくるんですから、かなり驚いたんでしょう。

「補助具は付けてませんし、食事と筋トレしかしてないです」

医学の常識では、悪化しても回復することのない病気にも関わらず

主治医が回復を認めざるを得ない回復ぶりでした。

・CTでの結果で筋肉量が増えています

・階段が上がれるようになっている(手すりを使わずに)

・スクワットの体制がとれる

・座った状態から立ち上がることが出来る

・右手握力が0から14sに回復 左手握力26s

2月の受診の時に「治っていきます」と宣言すると、その主治医は軽く鼻で笑ったそうです。

そんな主治医に回復を認めさせた訳ですから快感ですよね。

昨年12月に相談を受けて、ずっとやり取りしてきましたが

彼女の前向きな姿勢や行動、心の強さだけでなく人としての才能だと感じます。

どんなことがあっても、生きる希望を捨てず前向きに日々を送ること

それが自然と出来ている彼女だからこそ、奇跡ではなく当たり前に回復するんだと思います。

また、ブログを読むと分かるのですが

「まだCK値が正常値になっていないので、克服ではありません。
出来ないこともあるし、課題はたくさんあります。

でも、ここまで治ってきた自分を褒めておこうと思います!笑」

これだけの結果を出しながらも、この冷静さと、自分への思い

この3行に彼女が回復した理由の全てが詰まってる気がしました。

そんなリサさんのブログです。
http://ameblo.jp/rii1212saa/entry-12298416775.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
闘病記 ブログランキングへ
医学の常識を超えた回復力 難病とは/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる