アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


結月を見ていて感じたこと

2017/07/31 17:29
先日、血液検査へ行ったようですが、結果は問題なく基準値でした。

高校へも元気に通ってます。

土曜日に部活(軽音楽部)があり、家にいるのは日曜日くらいです。

その日曜日も友達を出かけることが多く、最近は夕食も友達と外食が増えてきました。

カラオケに行ったり、映画に行ったり、いろいろ楽しそうです。

食事は闘病中の3割ゆるくなっていて、7割くらいですかね。

闘病中もストイックではなかったので、完璧に行っている人からすると5割くらいだと思います。

高校生だし、友達付き合いもあるだろうし、楽しそうですからね。

今では食事については私は何にも言いません。

見ていると、自分で調整をしているのが分かるからです。

家にあるお菓子には手を付けませんし、パンを食べることもほとんどありません。

時々、アイスを食べていますが、カップのアイスに綺麗に線を書いて1日に食べる量を4分の1にしているみたいです。

豚の生姜焼きなどは、周りの脂身を外して食べてます。

揚げ物や脂身の多い牛肉は、気分が悪くなると言って少ししか口に入れません。

年に数回は、断食をしています。

健康食品店で買った、オーガニックの栄養ゼリーだけで過ごしています。

闘病中でも断食は行ったことがなかったのに。。。

自分で調べたりしてるんでしょうね。

誰も何にも言わないのに、そうやって自分で調整している姿を見ると我慢しているというより身についたんだと思います。

自分の体調とか、何を食べたら気分が調子が悪くなるとか、体で感じながら自己調整することを身に付けたんだと思います。

そんな結月を見ていて、現代人に一番必要なことだと思いました。

現代は体に悪い食べ物が蔓延している環境で、脳や味覚が中毒化しがちです。

大きな病気をしなければ、それを見直すことはなかったでしょうね。

病気をキッカケに、体と脳が欲するものが一致し味覚も正常化したからこそ

病気が治ってからは自己調整しながら毒まみれな現代をうまく過ごせているんだと思います。

何のキッカケもなく普通に生活をしていると、2人に1人は癌になるんです。

また、癌にならなくても、成人病や難病になる人だっているんです。

ということは、ほとんどの人が、早かれ遅かれ闘病することになるということです。

今、闘病中の方は、ずっと食事療法をしないといけない体だということではなく

そんな日本で健康に生きるための良いキッカケであり、勉強をしているんだと思います。

結月をみていて、そんな事を強く感じました。

難病克服支援センター
https://guide.simdif.com/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


不自然を自然に戻す力が働くとき

2017/07/29 11:25
頭で考えて、都合で判断し行動すると、人として不自然な状態になりがちです。

自然体ではなくなっている状態ですね。

それは、自然界では不自然な物体にあたります。

不自然な物体には、同じような不自然な物体が集まってくるのも自然界の摂理です。

類は類を呼ぶということですね。

ですので、このような生き方をしていると、自己都合な人ばかりが自分に集まってくることになります。

自然界にいる限りは、心で違和感を感じて感覚的に物事を判断し行動することが自然体ですよね。

これが、この世界で生きる自分にとって、一番優しい生き方なんだと思います。

なぜかというと、自然体同士の思いは、距離に関係なく、うまく繋がりお互いを助け高める繋がりへと進んでいくから

です。

ですから、自然体でいるということが潜在意識にある思いを叶える為の一番の近道となります。

自分だけの力で願いを叶えるのではなく、他の自然体が持つ思いとうまく繋がり願いが叶うような流れが自然と出来る

からですね。

頭は記憶に過ぎません、その記憶は自然体で生きるためのキャリアとして活かすべきなのです。

しかし、無理な教育を受けて競争させられてきた人、辛い思いの中で仮面を被ってしまった人の記憶からはトラウマが発生するのです。

そのトラウマや変な思考癖が自然体でいるための邪魔をしてしまうんですよね。

しかし、自然界は、このような不自然な物質の存在を嫌います。

そして、自然界では自然体に戻そうという力が常に働いていています。

不自然を嫌い、自然に戻そうとし続けているのが自然界なのです。

これは人間の体の中だって同じです。

自然な食べ物や薬草の力によって、不自然なものを体から排除する働きが常に働いています。

これがデトックスといわれている力ですよね。

これは自然界に存在する物体だから、自然界と同じ働きを持っているということです。

この自然体へと移行させようとする力や働きの一つが病気なんです。

病気の原因は様々です。

遺伝的な要素が強い病気もあれば、物質的な悪影響を受けた病気もあります。

しかし、現代人にとって一番多いのは

不自然な物体に対して自然体へ戻そうとする自然界の力によるものだと強く感じます。

これは、体も精神も同じで自然な形に戻すために起こるのが症状で

それを現代医学は、症状別に病名を付けているだけなんですよね。

そこに薬という不自然な物体を更に入れることで病気は更に治らなるのは自然の摂理なんでしょね。

難病克服支援センター
https://guide.simdif.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スタッフK子のお買い物★みりん編★

2017/07/27 10:41
当センタースタッフK子

兼平のKじゃなく、圭子のKです。

なら圭子でいいやん。。。ってとこなんですが

K 子の方がカッコいいやん!

圭子だと世代が分かってしまうやん!

ってことで。

そんなK子のブログです。

・食べ物に関するあれこれ
・漢方茶に関するあれこれ
・K子のお買い物
・難病克服支援センターあれこれ

http://ameblo.jp/bee0606y/entry-12296107228.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この違いって大きいと思う

2017/07/24 17:13
一生懸命に頑張れるものを探すより
気がつけば一生懸命になってることを続ける方が大きい成果を得やすい

人の意見から入るより
最後に、とりあえず人の意見を聞いてみようかなの方が正しい判断に繋がると思う

得てから捨てるより
得る為に、まず何かを捨てる方が簡単に手に入ります

迷ってから行動するより
行動しながら迷う方が何倍は早く進めます

好かれる為の努力より、嫌われる勇気
そして、人を嫌う自分を許せる努力の方が報われるよ

人の振りみて我が振り直すより
人の振りみて自分を知ることの方が大切かな

この違いって、頭優先か心優先かの違いなんですよね。

頭優先だと心が満足しないので、体に負担がかかります。

そして、頭優先は考えてるわりに非効率な行動に繋がるので

それがまた、ストレスにもなりますよね。

思考癖が行動癖に繋がり、その癖が頭優先だと小さな物しか得られません。

頑張ってるつもりでも、成果が返ってこないから中途半端で終わることが多いですね。

生きていく上で、この違いって大きいと思います。

難病克服支援センター
https://guide.simdif.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


植え付けられたクセ

2017/07/20 12:51
今から50年前に高度成長期が始まり、どんどん生活が変わっていきました。

そんな中で企業が大きく成長し経済は膨らんでいきました。

そんな日本を止めない為の人間作りが必要になりました。

それが学校教育でした。

企業や経済を支える企業戦士をいかに作り出すか

それに重点を置いた教育が始まりました。

みんなと仲良くしなさい

みんなと協力し合いなさい

できない事を克服しなさい

ライバルを持ち競争し合いなさい

同じ物を食べて、同じ方向を向いて、列を乱さず、整列しなさい

個性を出すと「異端児」と呼ばれて変人扱いになりました。

個性を伸ばすのではなく

輪を乱さず、それでいて競争心を持ち、力を合わせる人間が必要でした。

その頃に流行っていたのが、スポ根と言われる「スポーツ」「根性」もののアニメでした。

歯を食いしばって、どんな目に合っても倒れないこと、耐え抜くこと

それを美学としたアニメを子供の頃から見せるようになりました。

そして出来上がったのが、戦いに勝つための企業戦士、サラリーマンでした。

自分を殺し、家庭を犠牲にしてでも働く人がたくさん生まれました。

そんな中でも更に出世競争が繰り広げられ、そして気がつけば定年を迎えます。

しかし、この時代は犠牲にした分、喜べることも返って来ってきました。

生活がどんどん変わり、便利に変わっていく時代を味わえました。

その後、25年前にバブル崩壊とともにその時代は終わりました。

そして組織の時代から、個人の時代に突入しました。

すると、企業は学歴主義から実力主義へ以降し始めました。

大企業は、今でも採用時は学歴重視、しかし入ると実力重視が待ってました。

与えられた事を正確に優秀にこなすのではなく

何かを生み出し、作り出す人を必要とし始めました。

しかし、教育自体は、それに追いつていませんでした。

そして、社会に出ると、戸惑い、ギャップを感じる人が増えました。

与えられないと頑張れないからです。

逆にいうと与えられて頑張ってきたからです。

与えられた事に対しては、誰にも負けないくらい頑張れる人たちが

頑張れる基盤が企業になかったのです。

鬱などの精神疾患が増えていきました。

あげくの果てに、バッサバッサとリストラが始まり

独立、独立へと誘導されていきました。

コンビニ店長、飲食チェーン店、誰でもお金さえ出せば経営者になれるって

なれる訳ないやん。。。

企業内で、それが出来なかった人がリストラされるのに

個になって出来るわけないのです。

でも、出来ないのは自分の責任だと言われてしまうんです。

教育によって植え付けられたクセによって、みんな生きているんです。

しかし、時代はどんどん変わり、そんなクセが生きる邪魔をしているんです。

だから、元気な人が減り、病人が増えて、精神もおかしくなってしまってるんです。

自然体で生きることが健康で楽しく生きるための必須です。

しかし、小さな頃に受け付けられたクセは、自分では気がつきにくく

どの自分が本当の自分か分からなくなってしまってるんです。

そんな中で、自然な食べ物が減り、化学物質が体までダメにしていきました。

これが今の現状だということ

癌患者やアトピー、発達障害、様々な難病が増えている原因だということです。

ですので、心と体のリセットがいかに必要だということです。

植え付けられたクセを外し、本当の自分を知り表現すること

不自然な食べ物を避けて、自然な物を体に取り入れること

この2つに尽きると思います。

難病克服支援センター
https://guide.simdif.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


0を1にできる人

2017/07/12 11:06
1を100に出来る人はたくさんいますが

0を1に出来る人はほどんどいません

小さな火を大きくすることは簡単ですが

何もないところから火種を作るには、想像力や直観力が必要だからです

「本をたくさん読みなさい」と教わり

「先生の言うことを聞きなさい」と何度も言われて

同じ線路に乗せられて、その中で競争させられて

1を100に効率的に出来る人を育てる教育だったから

0を1にすることを何も学んでないんです

0を1に出来る人は

知識や基本を学ぶため本を読んでも、それを活かそうとは思っていません

先生や偉い人の言うことを聞いている振りして聞いていません

周りの意見を参考にしても、それに流されることはありません

自分の心を優先に、想像力と直観力を最大に活かしながら

前に進んでいるだけなんだと思います

そんな人は気がつけば、0を1に出来ていて

それを100にしたい人がたくさん周りに集まってきます

これはビジネスだけでなく闘病でも同じで

本やネットの情報を鵜呑みにしたら、難病を治すことはできませんし

先生や偉い人の言うことを鵜呑みにしたら、治す気さえ起きません

いろんな人の意見に耳を傾けて、願いを叶えるための道筋を想像することで

前に進むためのエネルギーを自分で生成できる人

そんな人が難病を克服できるんだと思います

0を1にするには、マネだけではダメで

そこに想像力と直観力を加えて、自分で道を作り進むことが大切だと思います

たくさんの協力者はそんな姿によって集まってくるんだと思います

これが0を1にするということで

1を100にしかできない人だらけだから、ほとんどの人は難病のままなんだと思います

日本の医学が治せない病気を治そうとする訳ですから

まずは、0を1にする意識を持つことが大切だと思います

難病克服支援センター
http://guide.simdif.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うまくいかない時

2017/07/08 20:22
一生懸命頑張ってるつもりだけど

うまくいかない時ってありますよね

逆に頑張っているつもりはないのに

とんとん拍子に物ごとが進む時もあります。

そんな経験、たくさんしてきました。

私の場合ですが

頑張る方向が違う時は何をやってもうまく進みませんでした。

たくさんの障害が目の前に置かれて

「そっちへ行くな」と言われている気さえします。

そして、そんな時は、ずっと心がなぜか霞んでるんですよね。

心の違和感ですね。

ですが、方向が合っている時は、不思議なくらい目的地に早く着きます。

その時々に必要な人や物がたくさん集まってきて、目的地へ連れて行ってくれているようです。

そして気づいたことですが

この方向は、潜在意識が決めてるんだということでした。

本心に従った方向かどうかということです。

その事が分かっていらい、うまく進まない時は、いったん、立ち止まって、俯瞰で全体を見るようにしています。

そして、方向が違うのかも、本心が望まない方向なのかもと方向修正するようにしています。

人って、いろんな影響を受けて生きています。

すると、本心で動いているつもりでも、そうでない事の方が多いんだと思います。

たくさんの影響を受けて、それを元に頭で考えて、行動に移す

これらが本心と合っているかどうかですね。

合っていればスムーズに進むはずだし

でもそうでない場合は

いったん行動を止めて、心と相談してみることが大切かなと思います。

私にとって、娘の難病は、どちらにも当てはまりました。

自分の生きる方向を変えてくれたのは、娘の難病という障害でした。

間違ってたんです、生きる方向がね。

周りの影響で望まない方向へ凄いスピードで進んでました。

そんな中で、娘の難病が生きる方向を大きく変えてくれました。

前に進めなくしてくれたんです。

これがなかったら、一生ろくでなし人生だったと思います。

それまでの生き方が間違ってたことに気づかせてくれたのは娘の難病でした。

身を削って、お父さんを救おうとしたんだと思います。

小さかったので、頭で考えてではなく、娘の潜在意識がそうさせたのかもしれません。

仕事がうまくいかず、急に荒れだしたお父さんを見てられたかったんだと思います。

タイミング的にも、その半年後に発病ですからね。

また、私が娘を治したいと行動したことは本心通りでした。

なので、いろんな物が集まっては、治癒へのゴールへと運んでくれました。

私にとっては、本心かどうかって、これくらい重要です。

難病克服支援センターを立ち上げることが出来たのも本心と合っていたからだと思います。

多くの相談者を見てきて感じるのも全く同じです。

スムーズに回復される人から感じることは共通して同じなんです。

うまくいかない時には、何か違和感がないかどうか

スッキリとした気持ちで進めているかどうか

ゴールすることで不都合はないかどうか

望んでいる未来像は、周囲の影響を大きく受けたものでないかどうか

そんなことに意識しながら、これからも生きていこうと思います。

難病克服支援センター
http://guide.simdif.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
闘病記 ブログランキングへ
難病とは 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる